ミウモのロンドン留学体験記

2018年9月からUK渡航。チャレンジに遅すぎるなんてことはない!がモットーの女30代による留学準備&体験記

【2018年11月5日】映画「ボヘミアン・ラプソディー」を見る【ガイフォークス・ナイト】

[Monday]

週の始まり月曜日。
11月5日は前回の記事で紹介した通り、「ガイフォークス・ナイト」当日です。 

すみません、こういう時でもついつい推しの話に結びつけがち。

ガイ・フォークスの仲間である国王ジェームズ一世暗殺計画の首謀者ロバート・ケイツビーを主人公にしたドラマ「ガンパウダーはケイツビーの子孫である「ゲーム・オブ・スローンズ」のキット・ハリントンが出演・製作総指揮を兼ねています。
私の贔屓であるマーク・ゲイティスがその暗殺計画を知り阻止しようとする国王の重臣ロバート・セシルを演じています。
諜報部の長官のような動きをしているので「SHERLOCK」のマイクロフトとちょっと似てますし、中の人が書いた「空の霊柩車」の中でもガイ・フォークスと同じように国会議事堂を爆破しようとする貴族院議員の計画を阻止しようとするので、面白いキャスティングだなと思っていました。

この日の授業 

テキストで「謎解きをお願いする時に、報奨金を提示された方が、されない場合よりも謎を解く時間が遅い」という話題のリーディング。計算やコンピュータープログラミングのような分野であれば報酬がより人のやる気を引き出すことも可能だけれど、想像力を必要とする仕事にはリラックスする必要があるので、あまり役に立たないらしい。

続いて、目的を表す単語 to, for, そしてso thatの使い方について学ぶ。

to + infinitive
for + noun/verb(-ing) [function/why we use sth]
so that + S + V (clause)

そしてひたすら目的のto/for/so thatを使った作文の練習。
gym+to、study English+to、corkscrew+for…の組み合わせで文章を作ったり。

 

夕方の授業はほとんど雑談。先生からケントのヒーバー城とパーラメント・スクエアのウォークツアーをオススメされる。

www.hevercastle.co.uk

個人的に今週気になっていたのはセントポール寺院の無料公開日。

 

放課後

f:id:notfspurejam:20201209092102j:plain

映画館にあった「スパイダーマン: スパイダーバース」の広告

この日、話題になっていたボヘミアン・ラプソディを見に行きました。
(英国での公開日は2018年10月24日でした。)

f:id:notfspurejam:20201209121248j:plain

クイーンとフレディー・マーキュリーの映画であることもさることながら、エイダン・ギレン、アレン・リーチ、トム・ホランダーといった脇を固める俳優が気になっていたんですよね。

フレディーがメンバーにAIDSを打ち明けたタイミングが違っていたりと(実際にはLIVE AIDの後)、事実とはずれている部分がありますが、クイーンのメンバーはそれを了承済で、実際その少しのずれが物語を劇的なものにしていて、ただ事実をなぞった物語ではなく、とても叙情的な作品に仕上がっていました。


Live Aid | Bohemian Rhapsody (2018) - scene comparisons

LIVe AIDのシーンは文字通り圧巻で、映画館を出た後も、その衝撃が体に残ってヒリヒリするくらいに感じられました。画面は再現しているものでも吹き返しているわけではないので、あれはまさに音楽の力そのものですね。

その後しばらくは、ウェンブリー・スタジアムのライブを見たりしていました。

考えてみれば、クイーンを知らない子供の頃にも、いろんなところからクイーンの音楽の影響と言うか、無意識のうちに影響を受けたあれこれに触れてきたんだなと思い出されたりもして。

 

 映画館で見た印象的な映画って、自分にとってその時期を象徴するものになったりするのですが、「ボヘミアン・ラプソディー」はまさに、話題が登るたびにこの頃の記憶が蘇る、私の留学初期のハイライトの一つになりました。
この後、語学学校でクラスメイトや先生と何度も「ボヘミアン・ラプソディー」の話をしましたし、日本に帰ってからも、「ボヘミアン・ラプソディー」に収録された曲をモチーフにした舞台「Q」を二回見に行ったり、熱狂的なファンとまではいかないまでも、強く影響を受けました。
後日、カーナビー・ストリートのクイーンイベントにも足を運びましたが、それはまた後で記事にしようと思っています。

そして、映画館を出ると火薬の匂いと煙が漂ってきて、ガイフォークス・ナイトのことを思い出します。

 この日は真夜中まで爆竹のような花火の音が鳴り響いていました。 

 

ボヘミアン・ラプソディ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 (2020-12-09 11:19投稿)